住宅購入者はみんな知っている住宅購入のメリット

DSC_0022_R

多くの世帯にとって「持ち家」を持つことは夢であり、一生の目標と言っても過言ではありません。
持ち家のある方のほとんどが持ち家のメリットに惹かれて購入を決断されています。
お客様からよくご相談される大きな要因のひとつとして、「家賃がもったいない」が挙げられます。家賃は生活費の支出の大部分を占めることが多いと思います。

 

賃貸に住み続ける限り家賃の支払いは続きます。その中で家計をやりくりして貯金するのって大変ですよね。大家さんの都合で退去しなくてはいけないことになるリスクもあります。これは社宅も同じで、定年退職すれば退去しなくてはいけませんよね。ある日突然屋根のない寝床ではとても困りますよね。

 

これに対し、持ち家の場合はそれらの出費やリスクがないことが大きな利点です。 今日では住宅ローンを組んで住宅を購入される方がほとんどです。 「月々の支払いがあるなら賃貸に住んで家賃を払っているのと同じじゃないの?」  そのようなご質問を受けることがあります。

 

いいえ、違います!住宅ローン返済の月々の支払いは住宅購入時の借入額の返済であり、言わば貯金をしているのと同じ原理なのです。

 

ここで、現在お支払い中の月々の家賃を計算してみましょう。

仮に現在の月々の家賃が6万円だとすると、年間の家賃支払いは72万円になります。 月々の家賃が8万円だと約100万円の年間支出が発生します。 実際にあなたの家賃で計算して考えてみてください。 思った以上に大きな出費となっているのではないでしょうか。

 

家賃は支出であり、できるだけ支出を減らしたいのはどこのご家庭も同じです。
しかし、これらのお金を自身の資産形成や住宅購入に回せたらどんなに素晴らしいでしょうか。
住宅を購入するに際し、3000万円の住宅ローンを組むとします。
各銀行の金利や条件により多少異なりますが、目安として月々の返済額は8万円程度となります。
いままで月々6万円の家賃を支払っていた場合、住宅を購入することで、
今度は家賃として支払っていた6万円が住宅ローン借入の返済費用として充てることができます。

 

住宅ローンは返済をすればするほど、お住まいは自身のものとなっていきます。
住宅購入は言わば先行投資であり、住宅ローンの返済は将来的な資産への投資であると言えます。

 

以上をまとめると、住宅購入は将来の為に貯金しているのと同じ原理となります。
住宅ローンの返済額が月々8万円になっても、これまでは単純な支出だった6万円が無くなり、6万円を貯金できている形になります。
そして、更に差額の2万円を貯金していることに繋がります。

 

住宅購入は未来への先行投資。この機会に一度家賃との支払い比較をされてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加