住みたい街ランキング2017【広島】

DSC_0074_R

産経新聞の産経ニュースにて「SUUMO住みたい街ランキング2017広島版」の結果が発表されました。

——以下引用———

不動産大手「リクルート住まいカンパニー」(東京)は、広島市や近郊エリアを対象に住みたい街を駅名エリア別にインターネット調査した「SUUMO住みたい街ランキング2017広島版」の結果を発表した。1位はJR広島駅周辺の広島(広島市南区)。得票で2位以下に大差をつけ、ダントツのトップだった。再開発が進んで街のイメージが大きく変化。快進撃をみせた広島カープの本拠地・マツダスタジアムもあるため、市民の高まる“カープ熱”も背景にあるとみられる。

投票者からは「商業施設が充実」「駅の利便性が良くなる予定がある」「野球観戦にも便利」「今後、広島の中心となっていく」などの意見が寄せられた。

調査期間は2月20~25日で、対象は広島市在住の20~49歳の男女。広島市と府中町、海田町、熊野町、坂町、廿日市市、東広島市、呉市の駅名エリアから住みたい街上位3位を聞いた。

400人の有効回答を、1位3点、2位2点、3位1点に換算して集計。1位の広島は325点を獲得した。

2位は横川(広島市西区)、3位は2年前に新駅が開業した新白島(中区)。4位は大型商業施設やJR呉線の乗り入れもある天神川(南区)、5位は大型商業施設「アルパーク」があり、新たに「LECT(レクト)」もオープンした新井口(西区)が続いた。

JRや路面電車など複数の交通手段があり、商業施設も多いエリアが選ばれる傾向にあり、自転車の移動などに便利な平地であることを理由に選ぶ意見もあった。

また五日市(佐伯区)や白島(中区)などは、40代には人気が高いが、20~30代には比較的支持が少ない傾向がみられ、若い世代ほど最近開発された新しい街に興味を示す様子もうかがえた。(引用元 産経新聞 &産経デジタル 産経ニュース http://www.sankei.com/region/news/170429/rgn1704290041-n1.html

———————

人によってニーズは異なりますが、やはり人気の高いエリアは交通や商業施設の充実している利便性の高いエリアですね。同時に物件の希少性が高く、物件の流動性が高いエリアとも言えます。

 

上記のようなエリアで気になる物件があって、見学に行こうと思って問合わせしたらもう売れてたなんて話もよく聞きます。

 

中古物件が出にくいエリアや、人気の高いエリアではよくあることです。

そういったエリアで探しているのは自分だけではなく、みんな同じなんですね。

 

ではどうしたらいいのか。

 

インターネットの不動産物件掲載ポータルサイトを毎日欠かさずチェックする。

より手軽に物件を調べることができますよね。ネット社会の今日、インターネットを開けばいろんな物件情報が載っています。

 

でも毎日欠かさずチェックするのはとても大変。

しかも、実はネットに掲載されない物件もあるんですよ。

 

もちろん物件情報取得から、ポータルサイトに掲載するまでのタイムラグもあります。中には特定のエリアで新着物件情報の提供を依頼している人もいますので、そう言った方にはネット公開前に優先的に情報提供されます。

不動産流通はスピードが大切です。不動産はどれも先着順ですからね。

 

「じゃあ、どうしたらいいんだろう?」

 

不動産業者に新着物件の情報優先案内の依頼をすればいいんです!

エリアや予算、その他条件を伝え、最新の物件情報を待つだけです。

毎日物件情報をチェックする手間が省け、尚且つ最新の物件情報が手に入る。

これは使わない手立てはありませんよね。

 

思うような物件が出てこない。

特定のエリアで新着物件を待ってる。

こまめにネット情報をチェックしている。

問い合わせした時に物件が売れてしまっていた経験がある。

 

そんな方は、下記から条件登録をしてみてください。

◆希望条件登録はコチラから◆

 

ご登録頂いた方には、最新情報をその都度送らせていただきます。

この機会にぜひご登録されてみてはいかがですか?

 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加