レントゲン室鉛張り【良品住宅】

本日は某医療施設のレントゲン室の工事。

まだまだ初期段階ですが、リフォーム後は一新、綺麗なレントゲン室に生まれ変わります!

レントゲン室から別室へと繋がっている配管部分の隙間に、放射線が漏れないように鉛のシートを隙間なく張り付けます。

厚さ1.5mmの畳一帖程の大きさの鉛シートを運搬、ボード付きでこれがかなり重い!

ふたりがかりでせっせと運搬。汗

これをサイズに合わせてカッターナイフで切り取り!

 

ひと工夫入れて施工完了^^

 

ちなみに、放射線は

鉛なら1.5mm

コンクリートなら200mm

の厚みでで遮断出来るそうです。

 

実はレントゲン室にはこんな工夫がしてあるんですね。

リフォーム完成が待ち遠しいものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加